ここ何年かで、海外ドラマは日本に定着してきました。特にアメリカ、韓国ドラマが多いです。それぞれターゲット層はちがうため、逆に言えば、さまざまな年齢層の人が、海外ドラマを見ているということになります。
トップページ →海外ドラマの定義とはじまり
海外ドラマの定義とはじまり
海外ドラマとはその名のとおり日本国外で製作されたドラマのことをいいます。日本では特にアメリカのドラマが多く入ってきています。ここ最近は特に、「24」や「プリズンブレイク」がヒットしたおかげでアメリカのドラマが盛んに輸入されています。

古くは1950年代から日本に入ってきています。

西部劇

西部劇では、

「ローハイド」「拳銃無宿」「ララミー牧場」「バークレー牧場」



戦争ドラマ

戦争ドラマでは

「コンバット!」「ギャラント・メン」



ホームドラマ

ホームドラマでは

「パパは何でも知っている」「奥さまは魔女」「ルーシー・ショー」「かわいい魔女ジニー」



SFドラマ

SFドラマでは

「スーパーマン」「スタートレック」「宇宙家族ロビンソン」「巨人の惑星」



探偵ドラマ

探偵ドラマでは

「サンセット77」「ペリー・メイスン」



シリアスドラマ

シリアスドラマでは

「逃亡者」「ベン・ケーシー」



その他

その他

「ドラグネット」「アンタッチャブル」「スタートレック」



など
「24」以前でも、
さまざまな海外ドラマがテレビで放送されていました。

1990年代から現在まで、積極的にたくさんの海外ドラマを放送してきたのはNHKです。「ビバリーヒルズ高校白書・青春白書」、「ER緊急救命室」、「フルハウス」、「アリー・myラブ」などアメリカで人気のドラマを早々に買い付けて、日本語吹き替えで放送していました。

2000年ころになると、BS、CS放送などの普及により、チャンネルが大幅に増えたことにより、海外ドラマを放送するテレビ局が増加しました。これにより、放送される番組の数も大幅に増加しました。

また、これまでと違い、アメリカで放送されてから、日本で放送されるまでの時間差が、以前は数年ほど差が出てしまっていたのに対し、現在では数ヶ月から数週間までになりました。

また、最近では、ネットで海外ドラマを放送する放送局も増えてきました。

レンタルビデオ店で海外ドラマのDVDが増えてきたのはここ10年くらいですが、海外ドラマ自体はもっと昔から日本に入ってきていたのです。

海外ドラマとは

海外ドラマとはその名のとおり日本国外で製作されたドラマのことをいいます。日本では特にアメリカのドラマが多く入ってきています。ここ最近は特に、「24」や「プリズンブレイク」がヒットしたおかげでアメリカのドラマが盛んに輸入されています。

アメリカドラマの特徴

アメリカのドラマの特徴ですが、日本のドラマと比べて、思いつく違いなどをあげてみます。アメリカのドラマは日本と違い、俳優の人気で視聴率を得るのではなく、脚本の内容でしっかり勝負しているように見えます。

韓国ドラマの特徴

韓国ドラマの特徴ですが、まず1番に、女性に人気があることでしょう。それはなぜでしょうか?私なりに研究してみました。日本のドラマもそうですが、韓国ドラマもどれも内容がワンパターンな気がします。

海外ドラマゴシップ

ちなみにこの人、映画「スタンド・バイ・ミー]のラストのシーンにチョイ役の不良役で出演してるの知ってました?まだだいぶ彼が若いころです。