ここ何年かで、海外ドラマは日本に定着してきました。特にアメリカ、韓国ドラマが多いです。それぞれターゲット層はちがうため、逆に言えば、さまざまな年齢層の人が、海外ドラマを見ているということになります。
トップページ


海外ドラマはここがすごい

海外ドラマをひんぱんに見ている方ならお気づきでしょうが、日本とは異なる独自の撮影技術を持っています。

例えばアクションの多いドラマなら引いた映像が多く、長い1本道の道路をノンストップで走る車や役者を撮り続けたり、砂漠地帯の上空をヘリコプターで追っかけながらの撮影。

一方、法医学をテーマにしたドラマなら、人体の解剖から押収した品物からのDNA鑑定といった、いわゆる手作業のシーンを役者の顔よりも手元を中心に撮影する。

また刑事ものになると、犯人が仕掛けた爆薬の位置を特定する手段として警察のコンピュータサーバによる情報収集に限界を感じた途端、水道局やガス会社のサーバーを警察側からハッキングし怪しい場所を探る。それと並行して、国防総省の通信衛星を操作しカメラによる拡大映像で犯人の居場所を特定する。

このように日本社会の常識では考えられないシーンが非常に多いということと、役者の表情よりも手の演技を重視したり小道具にお金をかけるというのはいかにも海外ドラマらしいです。

ただこれらを可能にしているのは、セリフに実在の企業名が出るなど、日本よりも制作の予算が多いということが理由と言えます


海外ドラマとは

海外ドラマとはその名のとおり日本国外で製作されたドラマのことをいいます。日本では特にアメリカのドラマが多く入ってきています。ここ最近は特に、「24」や「プリズンブレイク」がヒットしたおかげでアメリカのドラマが盛んに輸入されています。

アメリカドラマの特徴

アメリカのドラマの特徴ですが、日本のドラマと比べて、思いつく違いなどをあげてみます。アメリカのドラマは日本と違い、俳優の人気で視聴率を得るのではなく、脚本の内容でしっかり勝負しているように見えます。

韓国ドラマの特徴

韓国ドラマの特徴ですが、まず1番に、女性に人気があることでしょう。それはなぜでしょうか?私なりに研究してみました。日本のドラマもそうですが、韓国ドラマもどれも内容がワンパターンな気がします。

海外ドラマゴシップ

ちなみにこの人、映画「スタンド・バイ・ミー]のラストのシーンにチョイ役の不良役で出演してるの知ってました?まだだいぶ彼が若いころです。


[PR] 様々な時空で、失われたレシピ・仲間との再会を目指し冒険をする癒し系料理擬人化RPG「食物語」の攻略Wiki