ここ何年かで、海外ドラマは日本に定着してきました。特にアメリカ、韓国ドラマが多いです。それぞれターゲット層はちがうため、逆に言えば、さまざまな年齢層の人が、海外ドラマを見ているということになります。
トップページ →アメリカドラマの特徴
アメリカドラマの特徴
アメリカのドラマの特徴ですが、日本のドラマと比べて、思いつく違いなどをあげてみます。

・キャストが他のドラマとかぶっていない

まったくかぶっていないとは言い切れないかもしれませんが、日本の月9のように、毎回出演してる俳優が同じということはありません。アメリカのほうが役者の層が厚いからと言われてしまえばしかたないのかもしれませんが。

また、日本と違い、むやみやたらに美男美女を使うということもありません。悪役はそれらしい人相の役者を採用したり、役にあった配役をしっかりしていると思います。俳優の人気で視聴率を得るのではなく、脚本の内容でしっかり勝負しているように見えます。


・映画俳優とドラマ俳優は別

日本ちがい、アメリカでは映画俳優とドラマに出ている俳優が違います。最近はそうでもないみたいですが、基本的に、映画よりドラマのほうが格下とされているみたいです。

ER また、テレビドラマで絶大な人気がでると、映画に移行する俳優もいます。

下記の俳優が代表的な例です。

■ジョージ・クルーニー・・・「ER」
■ブルース・ウィリス・・・「こちらブルームーン探偵社」
■マイケル・J・フォックス・・・「ファミリー・タイズ」
■ウィル・スミス・・・「The Fresh Prince of Bel-Air」




・警察、法廷、探偵、犯罪、政府などが関連した内容のものが多い。

日本のドラマはラブストーリーばかりなのに対し、アメリカのドラマはミステリーやアクションものが多いです。 日本のドラマで総理大臣が出てくるドラマなどほとんどないでしょう。しかし、アメリカのドラマではよく大統領がでてきます。

裁判 ここ最近では、世界情勢の影響もあり、テロを題材にしたものも増えています。ただ、日本でこのような内容のドラマを日本人の俳優がやっても、現実味がないのであまり受けないでしょう。

日本人がスパイものやアクションものをやってもまったく説得力がありません。その証拠に、日本では、警察ものでも、「踊る大捜査線」のような、アクションではない、警察を別の視点から捉えたようなドラマのほうが人気がでます。

アメリカというお国柄や背景が、説得力を生み出すのでしょう。

海外ドラマとは

海外ドラマとはその名のとおり日本国外で製作されたドラマのことをいいます。日本では特にアメリカのドラマが多く入ってきています。ここ最近は特に、「24」や「プリズンブレイク」がヒットしたおかげでアメリカのドラマが盛んに輸入されています。

アメリカドラマの特徴

アメリカのドラマの特徴ですが、日本のドラマと比べて、思いつく違いなどをあげてみます。アメリカのドラマは日本と違い、俳優の人気で視聴率を得るのではなく、脚本の内容でしっかり勝負しているように見えます。

韓国ドラマの特徴

韓国ドラマの特徴ですが、まず1番に、女性に人気があることでしょう。それはなぜでしょうか?私なりに研究してみました。日本のドラマもそうですが、韓国ドラマもどれも内容がワンパターンな気がします。

海外ドラマゴシップ

ちなみにこの人、映画「スタンド・バイ・ミー]のラストのシーンにチョイ役の不良役で出演してるの知ってました?まだだいぶ彼が若いころです。